ほぼ日、ご褒美

生きてるだけで素敵。だから日々ご褒美を*゜

お取り寄せできる『偉大な作曲家&小説家が愛したお菓子』

f:id:amefuri-soda:20210716171515p:plain

今回ご紹介するのは『雑学×お取り寄せ×ご褒美』

名曲や名作とともに贈る偉大な作曲家&小説家が愛した”お菓子”になります。

 

みなさんこんにちは。

“ご褒美提案人*雨降りソーダ”と申します。

偉人が愛したお菓子の世界をどうぞ“ごゆるりとお楽しみ”ください。

 

 

フレデリク・フランソワ・ショパン×ショコラ

f:id:amefuri-soda:20210708161033j:plain

 

1人めは、ポーランド出身の作曲家ショパンです。

作曲家が愛したお菓子、という題でショパンは外せませんね。

 

ショパンはチョコレートが大好きだったと言われており、

チョコレートと牛乳でつくる『ショコラ・ショー(ホットチョコレート)』

スミレの砂糖漬けを入れたものを好んで飲んでいたそうです。

スミレの砂糖漬けは皇妃エリザベートも愛したとされていますが、

甘いチョコレート・ショーに甘いスミレの砂糖漬けを合わせるなんて

キング・オブ・甘党ですね。

 

ショパンの代表作

ノクターン(夜想曲)》と一緒に

スミレの砂糖漬けを入れた、ショコラ・ショーはいかがでしょうか。

 


www.youtube.com

 

フョードル・ドストエフスキー×パスチラ

f:id:amefuri-soda:20210708163609j:plain

 

2人めは、ロシア出身の小説家であり思想家のドストエフスキーです。

 

罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』など名作がたくさんありますね。

書籍が苦手な方でも最近はこういった漫画版もあるのでおすすめです。

そして、書籍にも使われるほど険しい顔をした写真の多い彼が愛したのは

『パスチラ』というこちらのお菓子。

パスチラは、卵白にお砂糖を加えてふわふわにした生地に

フルーツを入れて焼いたシンプルで身体にやさしい伝統的なお菓子です。

中でもドストエフスキーのお気に入りはベリー味のパスチラといわれています。

美味しい紅茶を入れてパスチラを食べながら

ドストエフスキーの本を読むのも粋なご褒美ですね。

 

芥川龍之介×船橋屋のくず餅

f:id:amefuri-soda:20210708173042j:plain

 

3人目は、日本が誇る小説家の芥川龍之介です。

 

彼が愛したのは船橋屋のくず餅』といわれています。

船橋屋は元祖“くず餅”のお店で、無添加製法を215年守り続けているそうです。

小麦澱粉を450日かけて乳酸発酵させ蒸し上げた“元祖くず餅”は、

もっちりとした弾力で、風味豊かな黒蜜ときな粉によくあいます。

 

くず餅とお抹茶に合わせるのは

芥川龍之介の『蜜柑』が収録されたこちらの一冊なんていかがでしょうか。

 

元祖くず餅は公式サイトでお取り寄せできます。

hb.afl.rakuten.co.jp

 

おまけ

お取り寄せは出来ませんが、紹介したいお菓子があります。

 

それは

映画「アマデウス」で宮廷音楽家の“サリエリ

モーツァルトの妻“コンスタンツェ”に勧めた《ヴィーナスの乳首》です。

 

f:id:amefuri-soda:20210708193637j:plain

名前は衝撃的ですが、見た目は品の良いお菓子ですよね。

 

当時“サリエリ”が宮廷音楽家をしていたオーストリアでは

甘いものは高級品だったので、サリエリがいかに凄い人物だったかわかります。

ヴィーナスの乳首はラム酒が効いたマロンペーストとマジパンを合わせ、

ホワイトチョコでコーティングするのだとか。

お取り寄せできるようになったら、ぜひ食べてみたいです。

 

まとめ

お気に入りの“ご褒美”には出会えましたか?

 

この「ほぼ日、ご褒美」ブログは

私の好きなもの、オススメなもの、興味のあるもので 

皆さんにも息抜きと癒やしの時間を提供できたらいいなと思い始めました。

 

色んなジャンルのご褒美を扱っていきますので

ご褒美を選ぶお手伝いができたら幸いです。

 

心が華やいだ時、心に雲がかかった時

晴れやかな気持ちの時、気持ちに色がなくなった時

 

いつでもふらっと立ち寄ってください。

今日も素敵な貴方にぴったりのご褒美がみつかりますように*゜

 

ご褒美提案人、雨降りソーダ

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン 上に戻るボタン